美容師おすすめは髪質に合ったシャンプーを使うこと!

剛毛にあうシャンプー

美容師がシャンプーを選ぶ際には髪質の違いによって選ぶことがあります。髪の毛がなにかと広がってしまう、髪の毛の指通りが悪い、クセが強いなどは太い髪の毛で剛毛なタイプです。髪の毛が太い場合、毛髪の内部に空洞が大きいためで、空洞が大きいと保湿成分や髪の毛の脂分も流出しやすくなるため、太い髪の毛に適したヘアケアが必要です。髪の毛が太く剛毛な髪の毛に適したシャンプーは保湿性や油分が高く毛髪の内部補修が可能なタイプを選びます。剛毛な髪の毛は毎日のケアで健康な髪の毛に近づくことができるためトリートメントも使ってケアすると良いです。

 

乾燥した髪の毛のケア

雨の日は髪型が決まらなかったり、湿気があるとうねって広がってしまう場合はくせ毛で、毛髪が扁平しているために起こる状況です。髪の毛は通常は円形なのですが、くせ毛の場合は楕円で凹みができる状態なので髪の毛がうねってしまうのです。美容師が髪質でこのタイプのシャンプーを選ぶなら髪の毛のくぼんだ部分に毛髪成分を補充して円形に近づけるタイプです。くせ毛を抑えることに特化しているシャンプーだけではなく、くせ毛の場合はトリートメントが重要です。美容師が特におすすめはお風呂上がりに毛髪につけるトリートメントで、手軽にケアでき翌日の髪の毛の状態も良くなることが期待できます。